solalan 虹色世界♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 震災後の夜空

<<   作成日時 : 2011/03/21 01:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


19日の夜のお月様はすごく明るくて夜空に輝いてました。


先日、久しぶりの出勤の時に焼き鳥屋さんの行列を見たり、

無事に帰ってこれたことなどを改めて一人で実感したら、

居ても立ってもいられなくなり、


「今の自分にできることって何だろう。」と色々考えて出た答えが、


「仙台にボランティアに行く。」ということでした。



父の会社関係の方々が社員やその家族、家などを必死で捜索

されてる姿を思い出したり、

私を家まで送ってくれた方は、睡眠不足と運転の疲れなどで、

最後ご挨拶したときは、目が真っ赤に充血していました。

その方も必死で震災のフォローをされていました。


そんな光景が仕事中ずっとアタマの中をぐるぐるしていたので、

そこの事務所の手伝いや、炊き出しなどで少しでも自分も何か手伝いが

できるのでは?? と思ったのです。


のほほんと仕事してる場合ではないんじゃないか??

きっと私がいなく仕事はまわっていくだろうし。。。

たとえクビになったとしても、ボランティアから帰ってきたら再就職は

考えればいいことだし。。。



そう思って、次の日に父に電話したら、

「今仙台に来ても泊まるところはないし、二次災害も心配だよ。

 炊き出しは現地の人でまかなっているし、

 せっかく色んな方々のご好意でお世話になって無事に名古屋帰ってきたん

 だから、ボランティアには来なくていいよ。

 その気持ちはいつか別の形でお返しできるときがくるし、

 今は名古屋で、自分のできることをしっかりやればいいから。」と。


それを聞いて、不安定で高ぶっていた気持ちが落ち着きました。




職場では、節電が強化され店内の暖房や外灯はオフ。

一昨日までは仕事中とても寒かったけど、

今まではみんなが意識せず、エネルギーを無駄使いしていたんですよね。

店内も照明は業務に差し障りのない程度まで落としています。

夜、店内照明のみで外灯はつけていないコンビニもありました。



夏の寒いくらいのクーラーや、煌々とした照明、看板。

山に遊びに行って帰ってくるときにいつもびっくりするのが、夜なのにまぶしい光景です。

特に長野方面から帰ってくるときに小牧ジャンクション付近のたくさんの

お店の ライトのまぶしさには毎度残念なキモチになります。



そんなに明るさ必要ですかーーーーーー???



そこまで明るくして限りある資源を使ってまで、他社より目立つことに力を尽くし、

一円でも多くの利益をあげたいのかな??

そんな時代はもう終わりです。



今回の震災をきっかけに、節電、フリーエネルギーへのシフト、生活スタイルの見直し。

私たちのやれることはまだまだたくさんありますね。

それらを持続していくのも私たち次第。

できることからやっていきましょ♪



夜中に仙台を出発するときに見た空は星がすごくきれいでした。

街中なのに山の中で見る星空と同じくらい!!

あのときはまだ仙台市内も電気が通ってないところが多かったので、

夜中のネオンが星空の邪魔をすることなくホントきれいでした。

きっと名古屋でも街中のネオンを消したら、流れ星見れちゃうくらい空は澄んでいるはず。



復興を願う声は大きいですが、

今までと同じようなネオンいっぱい、エネルギーを使いまくるシステムの

復興は何としてでもくい止めていきたいです。



みんなが人間らしい生活に戻れる復興を心から望みます。


今までと同じように復興させたら、今回の地震の意味が全くなくなります。

地球もそれじゃ悲しむでしょう。。。



生きる希望にあふれるサイトを見つけました。


http://prayforjapan.jp/message/?lang=



ランキングに参加しています。ポチッとクリックお願いしまーーす!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
震災後の夜空 solalan 虹色世界♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる