solalan 虹色世界♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 支援物資の送り先

<<   作成日時 : 2011/03/31 23:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「支援物資を送っても、本当に必要としている被災者にはなかなか届かない」というのは、

阪神大震災や中越地方の地震のときもよく言われていました。

結局、倉庫で食べ物の賞味期限を切らしてしまったり、腐らせてしまったり・・・


ひまし油や布ナプキンなどを購入しているテンプルビューティフルの店長さんのブログで

支援物資のお願いをされていたので、

数年前に東海大震災に備えて、非常食用のお米を買っていたのを思い出し、

賞味期限を確認したら、2013年だったので送ってきました。



テンプルさんのスタッフの方も3月11日に宮城県の作並温泉にいて地震に遭われたそうです。

その方は、数日間一人で避難所生活をして、横浜に戻ることができたというこで、

私も地震に遭う、1時間前まで作並温泉にいて、

露天風呂に入りながら、目の前は山が迫っていて、

「地震があったら、ここの露天風呂は大丈夫なんだろうか??」て、

考えていた後すぐの地震だったので、驚くばかりです。


私が日帰り入浴で行った旅館は宮城では珍しくゴハンもサービスも悪かったため、

さっさと帰る準備ができましたが、

居心地のいいお宿じゃなくてホント良かった。。。



いろんなところで、メッセージって発信されてるんだなと思いました。



直観というか、

「何かイヤだ。 不快。 」などという感覚は大切にしたい。





支援物資の送り先

http://caycegoods.exblog.jp/16106473/

〜以下転載〜

全国から被災地に大量の救援物資が山のように送られていますが、仕分けや搬送手段が無く、
次々に山積みになっていくだけで行政側は機能していません。


安藤さんの被災地の仲間が、それをなんとか出してほしいと頼んだらしいんですが、さすが行政。
こう言われたそうなんです。「ここに送って、ここに送らないというような不公平が生じては困る。
だからもう少し待ってほしい」と。

さらに物資の仕分けする手が圧倒的に足りないということで、毎日、毎日、全国から届く支援物資は、
倉庫にどんどん山積みになっていく・・・。

安藤さん曰く「カップ麺10万個とか送った人がいるらしいけど、賞味期限が早いものは、
夏までに食べないと全部廃棄処分になるかも・・・」

もちろん、ちゃんと機能している自治体もあるでしょうし、届いた支援物資をくまなく避難所に
届けられている行政機関もあると思います。でも、現地の受け入れ態勢が機能してないと、
途中で全部止まってしまう・・・。




以前、緑区のホメオパスの方とお会いしたときに、

こちらの安藤建築さんの名前を聞いたことがあったので、これもご縁だと思いすぐに

ヤマトに持っていきました。



そのあと、バンビさんのブログで「豊田から被災地に向かう仲間に支援を!」を見ました。

http://blog.goo.ne.jp/banbiblog/e/3e02f404f2b1800d59298832344f0fd8


バンビさんのブログもとても勉強になります^^




本当に必要としている方に無事に一日でも早く届きますように☆



ランキングに参加しています。ポチッとクリックお願いしまーーす!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
支援物資の送り先 solalan 虹色世界♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる