solalan 虹色世界♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜聖なる性  セクシュアリティについて〜

<<   作成日時 : 2010/11/07 00:51   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像



先週の土曜日台風接近中、東京にセクシュアリティに関するワークショップに参加してきました。

こう言うと、何人かの友人は「エッ!!! どんなテクニックを習ってきたの!?」と、

卑猥で淫靡な想像をしてました(笑)




、「セクシュアリティ」=生きる力


その生きる力を思う存分発揮させるために、人間にとって本当に大切なこと、

生命の神秘、自然の素晴らしさ、女性であることの楽しさ、男性であることの楽しさetc・・・

内容の濃ゆ〜〜〜〜〜いワークショップでした。




午前中六義園の桜の木。 ものすごい生命力を感じました。
画像




その中でも、はじめて聴いた「誕生学」。

子供を産んだ女性、これから産む女性、産まない選択をした女性、

ママと一緒に来ていた小学生の女の子、

全ての女性が目を輝かせて誕生学のお話に聞き入っていました。

そしてみなさん「もっと早くにこういう話を聴きたかった〜〜」と声をそろえておっしゃていました。

日本各地にいらっしゃるバースコーディネーターさん。

愛知県にも数名おられるので、興味のある方は是非一度足を運んでみてください

詳しくは今回のワークショップの主催者であるひろゑさんのブログをどうぞ

http://369hiroe13moon.blogzine.jp/officehana/2010/10/post_5470.html




私は「誕生学」を聴いてからの1週間、お客さんのこどもを見たり、

これから生まれてくるおともだちのこどもを想像しただけで、人間の生命の素晴らしさに感動し、

涙が出てくるくらい、素晴らしいお話でした。


苦手な人も、意地悪な人も生まれてくる時はみんなまっさらの天使で、

赤ちゃんなりにものスゴイ神業を駆使してこの世に生まれてきたんだなぁと思ったら、

なんだか愛おしくなっちゃいました(笑)



私にとって、生きること・妊娠・出産などに目を向けるということは、

「これからのこと」に目を向けるということで、イコール未来。

未来を強く意識したり、

逆に、インナーチャイルドやトラウマを癒すために過去に目を向ける

といっても、せいぜい記憶がある年齢まででした。


「誕生学」のお話を聴いて、はじめて自分が母の体内で卵だった時のこと、

生まれてきた時のことなど原点まで遡って、丸ごとの自分というのを確認できました。


大切なことは全て自分の中にあって、 深い部分では分かってもいるし、知っていることでもある。

こうやって感覚を取り戻していくって感慨深いですね


画像




ランキングに参加しています。ポチッとクリックお願いしまーーす!!
にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ
にほんブログ村




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は既に出産を経験しているけど、妊娠している時はすごく大変でかなり挫けそうになったけど、今病院で診断書やチャートを毎日見ている仕事をしてるけど、世の中には本当に苦しん出る人がたくさんいるんだって目の前で思い知らされてるよ。
Msky
2011/01/20 23:55
Mskay〜〜

妊娠中ってそんなに大変なの!?

苦しんでいる人もその人にしか分からない何か大切なことを
苦しい中でもきっと感じていると思う。

「病気にならなかったら気づけなかったこと」

それは、私も大いに実感してるよ。

solala
2011/01/23 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜聖なる性  セクシュアリティについて〜 solalan 虹色世界♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる